仕事に関しては、漠然として会社に入るまではまったくわからないという考えを持つことがあります。とくに新卒の場合は、それまでバイトとしてしか社会で働いていないから、正社員というのがどういうものかというのが掴みづらいことと思います。

時期が来れば、それでもどこかに内定して勤めはじめます。その会社に居とどまることができるかどうか、長く続く人材はいるし、続かない人材もいます。

この段階では、他人がどうアドバイスしようとも、結局はその本人自身がどうしていくか考えるほかありません。どちらかというと、転職が増えてしまうわけですが、転職することがはたしてキャリアアップにつながっていくのかどうか考えると、そういう面もあると思います。

ところが、転職にネガティブな見解を持つ人たちには、面接の中で辞めた理由を尋ねることがあります。辞めた理由、なんでもよいではないか、君に言う必要はない、おおよそどういう回答をするか、いろんな性格があると思います。